【Chromebook】と【Androidデバイス】間で、簡単にファイル共有できる「ニアバイシェア」の使い方

 「ニアバイシェア(Nearby Share)」とは、【Chromebook】や【Androidデバイス】の間で、「写真」「テキスト」等のファイルや「ウェブページ」を簡単に共有できる機能です。さらに、【Androidデバイス】に保存済みの「Wi-Fiネットワーク」情報を受信して接続することもできます。



レビュー機種

ASUS Chromebook Flip C214MA(C214MA-BW0028)※チャンネル:stable、ノートPCモード
※Chrome OS バージョン:105

「ニアバイシェア」が利用できる要件

・【Chromebook】:ChromeOS バージョン 91 以上
・【Androidデバイス】:AndroidOS バージョン 6.0 以上

1.【Chromebook】で「ニアバイシェア」機能を利用できるようにする

 デフォルトでは、「ニアバイシェア」機能は利用できるようになっていないので、利用できるように設定します。

①【設定】メニュー⇒【接続済みデバイス】⇒【ニアバイシェア】の右横の「設定」をクリック(タップ)します。

 
②【ニアバイシェアの設定】画面になるので、必要に応じて「デバイス名」を変更して「確認」をクリック(タップ)します。

 
③【デバイスの公開設定】画面になるので、ファイル共有する相手先を選択して、「確認」をクリック(タップ)します。

 
④これで、「ニアバイシェア」機能が利用できるようになって、設定項目が表示されます。

 

項目 内容
デバイス名 「デバイス名の変更」をクリック(タップ)すると、送信元に表示されるこの【Chromebook】のデバイス名を変更できます。

デバイスの公開設定 「公開設定を変更」をクリック(タップ)すると、【Chromebook】(デバイス名)を公開する付近のデバイスを変更できます。

相手先の選択肢

すべての連絡先:デバイスの画面がオンで、ロックが解除されているときに、付近の連絡先にデバイス(名)が公開されます。
一部の連絡先:デバイスの画面がオンで、ロックが解除されているときに、付近の連絡先のうち選択した相手にデバイス(名)が公開されます。
非表示:他のユーザーがコンテンツを共有しようとすると、【Chromebook】に「デバイスを公開」するよう通知が来るので、「有効にする」を選択すると、5分間だけデバイス(名)が公開されます。

全員が検出可能 有効にすると、付近にあるすべてのデバイスに、5分間だけ、この【Chromebook】のデバイス名が公開表示されます。

豆知識

【クイック設定】の「周辺ユーザー」をクリック(タップ)することでも、この機能を有効にできます。

連絡先 クリック(タップ)すると、【連絡先】が表示されます。
データ使用 「編集」をクリック(タップ)すると、ファイル共有時のインターネット接続についての設定ができます。

通知を表示 有効にすると、近くに送信希望のデバイスがあるとき、通知してくれます。




2.この【Chromebook】デバイスから他のデバイスにファイル共有する手順

①(【Chromebook】デバイス)「ファイル」アプリを開いて、共有したいファイル名を右クリックして、「共有」をクリック(タップ)して、「ニアバイシェア」をクリック(タップ)します。

 
②(【Chromebook】デバイス)ファイルを共有するデバイス(送信先)を選択して、「次へ」をクリック(タップ)します。

 
③(【Chromebook】デバイス)「このデバイスとファイルを共有しますか?」になります。

 
④(他のデバイス)「承認する」をタップします。

 
これで、共有完了です。



3.他のデバイスからこの【Chromebook】デバイスにファイル共有する手順

 他のデバイスからファイルを受け取るには、【Chromebook】デバイスを送信元に公開する必要があります。

①(他のデバイス)「共有」アイコンをタップします。
②(他のデバイス)「ニアバイシェア」をタップします。
③(他のデバイス)「付近のデバイスを探しています」になります。

 
④(【Chromebook】デバイス)「付近のデバイスが共有中です」の通知が来るので、「有効にする」をクリック(タップ)します。
⑤(他のデバイス)【Chromebook】のデバイス名をタップします。
⑥(他のデバイス)「送信しています」になります。

 
⑦(【Chromebook】デバイス)「このデバイスから受信しますか?」で「同意する」をクリック(タップ)します。
⑧(【Chromebook】デバイス)「ファイルを受け取りました」の通知が来ます。

 
 これで、共有完了です。



4.Wi-Fiネットワーク情報を共有する

 他のデバイス(ここではAndroidデバイス)からWi-Fiネットワーク情報を受け取ることができて、パスワード入力することなく、Wi-Fiネットワークに接続することができます。

1)「Androidデバイス」側の操作

①②Androidデバイスの【設定】⇒【ネットワークとインターネット】⇒【インターネット】をタップします。
③現在接続されているWi-Fiネットワークの「設定アイコン」をタップします。

 
④【ネットワークの詳細】画面で、「共有」をタップします。
⑤【Wi-Fiの共有】画面で、「ニアバイシェア」をタップします。
⑥【Chromebook】のデバイス名をタップします。

 
⑦これで、送信中になります。

2)【Chromebook】側の操作

⑧「ニアバイシェアを受信しますか?」の通知が来るので、「同意する」をクリック(タップ)します。
②これで、Wi-Fiネットワーク情報が、【Chromebook】に保存されたので、「Wi-Fiネットワークを開く」をクリック(タップ)します。

 
⑩【すべてのネットワーク】で、共有した「Wi-Fiネットワーク」をクリック(タップ)します。

 
⑪「接続」をクリック(タップ)します。

 
⑪これで、「接続済み」になります。

関連記事

【セットアップと最初の設定】
【Chromebook】を買ったら、最初に確認しておきたいことー「Google Chrome OS」について
【Chromebook】をセットアップします。
【Chromebook】セットアップ後、最初にしておきたいこと(初期設定の見直し等)
【Chromebook】パスワードの替わりになる「PIN」を設定します。
【Chromebook】「ダークモード」テーマに切り替える方法
【Chromebook】とAndroidスマートフォンを接続して、「Smart Lock」「スマートフォンハブ」機能を使いこなそう!!
【入力デバイスの基本操作】
【Chromebook】入力デバイス基本操作:「キーボード」の使い方とショートカットキー
【Chromebook】入力デバイス基本操作:「タッチパッド」の使い方
【Chromebook】入力デバイス基本操作:「タッチペン」の使い方
【Chromebook】【検索キー】(Everything Button)からできること
【Chromebook】で、絵文字を使う方法
【シェルフを含む画面下のバーの使い方】
【Chromebook】画面の最下段にある「シェルフ」を含むバーの構成とそこからできること
【Chromebook】【クリック設定】(システムメニュー)パネルの使い方
【Chromebook】「ピクチャー・イン・ピクチャー」にもできる「メディアコントロール」を「シェルフ」を含むバーに表示する方法
【アプリ起動からの基本操作】
【Chromebook】「ランチャー」および「シェルフ」の使い方
【Chromebook】【基本操作】「ウィンドウ」の使い方(サイズ変更・切り替え・分割画面等)
【Chromebook】【基本操作】作業スペース「デスク」(仮想デスクトップ)の使い方(追加・切り替え・移動)
【Chromebook】「クリップボード」の履歴は5つまで再利用可能です。+メモ用Chrome拡張機能4選
【アプリの使い方】
【Chromebook】で利用できるアプリとその管理について
【Chromebook】で、Microsoft Office(Excel等)を利用する方法
【ログインとアカウント】
【Chromebook】画面オフ(スリープ状態)からロックが掛かるまでとロック解除について知っておきたいこと
【Chromebook】「壁紙」と「スクリーンセーバー」を設定(変更)する
【Chromebook】アカウントを追加して【マルチログイン】で利便性の向上を図る
【ツール】
【Chromebook】スクリーンショットの撮る方法とその活用について(ノートPCモードの場合)
【Chromebook】と【Androidデバイス】間で、簡単にファイル共有できる「ニアバイシェア」の使い方
【外部接続】
【Chromebook】【外部接続】「キーボード」・「マウス」編
【Chromebook】【外部接続】「ディスプレイ」編ーミラーリング・デュアルディスプレイ
【Chromebook】プリンタの設定ーBrother製品の場合

-chromebook
-, ,

© 2023 Chromebookの使い方 Powered by AFFINGER5