【Chromebook】入力デバイス基本操作:「キーボード」の使い方とショートカットキー

 【Chromebook】では、ブラウザの操作や画面の輝度・音量調整を最上段のキーからできるようになっていて、WidowsPCのキーボードとは、最上段の特殊キーの機能が異なっています。




1.キーボード

 キーボードは、「ノートPCモード」のときしか利用することができません。
※他のモード(「テント」「タブレット」「スタンド」)では、画面キーボードを使うことになります。

【外付けキーボート】の接続についてはこちらを参照

【Chromebook】【外部接続】「キーボード」・「マウス」編

1)最上段にある特殊キーの動作

レビュー機種

ASUS Chromebook Flip C214MA(C214MA-BW0028)※チャンネル:stable、ノートPCモード
※Chrome OS バージョン:105

※機種によって、相違があるかも。

特殊キー (そのまま)押下したときの動作 【検索】キーを押しながら
押下したときの動作
前のページ(画面)に移動(戻る) 【F1】:ヘルプ【Chromebookへようこそ】画面を表示
次のページに移動(進む) 【F2】:-
現在のWebページを再読み込み 【F3】:ファイル検索、ページ内検索
全画面表示の有効/無効
※ステータスバーやタブも非表示になる。
【F4】:-
現在開いているアプリの画面を一覧表示/もとに戻す 【F5】:
ディスプレイの明るさ調整(下げる) 【F6】:文字入力を平仮名に変換
ディスプレイの明るさ調整(上げる) 【F7】:文字入力を全角カタカナに変換
音量の調整(サイレント) 【F8】:文字入力を半角カタカナに変換
音量の調整(下げる) 【F9】:文字入力を全角アルファベットに変換
音量の調整(上げる) 【F10】:文字入力を半角アルファベットに変換
ロック画面を表示※長押し
⑫検索キー ドロワー(アプリ一覧)表示/非表示
【Fn】ファンクションキーとして優先的に使うには設定が必要です。

【設定】メニュー⇒【デバイス】⇒【キーボード】⇒「キーボードの最上段のキーをファンクションキーとして使用する」を有効にします。
※設定画面については、3.参照してください。




2)キーの役割変更(リマップ)

 特定のキー(【検索】【Ctrl】【Alt】【Esc】【Backspace】)を押下したときの役割を変更することができます。
 【設定】メニュー⇒【デバイス】⇒【キーボード】⇒【検索】【Ctrl】【Alt】【Esc】【Backspace】それぞれの右側にある「▽」をタップして、

 
 「検索」「Ctrl」「Alt」「CapsLock」「Esc」「Backspace」「アシスタント」「停止中」のいずれかを選択して変更することができます。

2.よく使われるショートカットキー

 キーボードのショートカットキーを使うと、マウスより確実に速く操作することが可能になりますが、すべてのショートカットキーを覚えることは不可能です。
 よく利用する操作のショートカットキーを覚えておくだけでも生産性は向上すると思います。

よく使われると思われる定番のショートカットキー
動作 ショートカットキー
スクルーンショットを撮る 【Ctrl】+【□||】
一部のスクリーンショットを撮る 【Ctrl】+【Shift】+【□||】後、範囲を指定
クリップボードを開く 【検索】+【V】
入力モードの切り替え 【Ctrl】+【Shift】+【Space】
右側を文字を1文字削除する 【検索】+【←(Backspace)】
Chromeブラウザを開いているときに、アドレスバーにフォーカスする
※urlをコピーしようとしたときに便利
【Ctrl】+【L】
選択した内容をクリップボードにコピーする 【Ctrl】+【C】
絵文字選択ルールを開く 【検索】+【Shift】+【Space】
画面ロック 【検索】+【L】

すべてのショートカットキーは、【Ctrl】+【Alt】+【/】で参照することができます。
※5.参照

【検索】キーを利用したショートカットキー

【Chromebook】【検索キー】(Everything Button)からできること




3.【キーボード】の設定画面

 

項目 内容
①キーリマップ  1.2)参照
②キーボードの最上段のキーをファンクションキーとして使用する  1.1)参照
③自動リピートを有効にする  有効にすると、キーを長押ししたときに、連続入力できるようになります。
・リピートまでの時間
・リピート回数/秒
④キーボードショートカットの表示  5.参照
⑤入力設定を変更する  4.参照




4.入力方法の設定

1)入力モード

 文字の入力モードは、ステータス領域に表示されていて、
 ・「あ」のときは、日本語入力モード
 ・「JA」のときは、英数字入力モード
になっています。

※【シェルフに入力オプションを表示】を有効にすると、【クリック設定】パネルの「キーボード」ボタンが削除されて【トート】の隣に移動します。

 
 入力モードの切り替えは、キーボードの【かな英数】を押下することでできます。

そのほかの入力モードの切り替え方法

・ショートカットキー【Ctrl】+【Shift】+【Space】を同時に押下します。
・「あ」または「JA」をクリック(タップ)して、「英数字(日本語)キーボード」または「日本語」を選択します。

2)絵文字の入力方法

 絵文字選択ツールを開いて、絵文字を選択します。

(絵文字選択ツールを開く方法)
・【入力方法】の絵文字アイコンをクリック

 
・入力位置で、右クリック(2本指でタップ)して、プルダウンメニューの「絵文字」をクリック

 
・ショートカットキー:【検索】+【Shift】+【Space】を同時に押す

3)日本語の入力設定




5.すべてのキーボードショートカット

注意ポイント

※機種によって、動作しないショートカットも存在します。

1)定番のショートカット



2)タブとウィンドウ





3)ページとウェブブラウザ





4)システムと表示の設定




5)テキスト編集




6)ユーザー補助機能





関連記事

【セットアップと最初の設定】
【Chromebook】を買ったら、最初に確認しておきたいことー「Google Chrome OS」について
【Chromebook】をセットアップします。
【Chromebook】セットアップ後、最初にしておきたいこと(初期設定の見直し等)
【Chromebook】パスワードの替わりになる「PIN」を設定します。
【Chromebook】「ダークモード」テーマに切り替える方法
【Chromebook】とAndroidスマートフォンを接続して、「Smart Lock」「スマートフォンハブ」機能を使いこなそう!!
【入力デバイスの基本操作】
【Chromebook】入力デバイス基本操作:「キーボード」の使い方とショートカットキー
【Chromebook】入力デバイス基本操作:「タッチパッド」の使い方
【Chromebook】入力デバイス基本操作:「タッチペン」の使い方
【Chromebook】【検索キー】(Everything Button)からできること
【Chromebook】で、絵文字を使う方法
【シェルフを含む画面下のバーの使い方】
【Chromebook】画面の最下段にある「シェルフ」を含むバーの構成とそこからできること
【Chromebook】【クリック設定】(システムメニュー)パネルの使い方
【Chromebook】「ピクチャー・イン・ピクチャー」にもできる「メディアコントロール」を「シェルフ」を含むバーに表示する方法
【アプリ起動からの基本操作】
【Chromebook】「ランチャー」および「シェルフ」の使い方
【Chromebook】【基本操作】「ウィンドウ」の使い方(サイズ変更・切り替え・分割画面等)
【Chromebook】【基本操作】作業スペース「デスク」(仮想デスクトップ)の使い方(追加・切り替え・移動)
【Chromebook】「クリップボード」の履歴は5つまで再利用可能です。+メモ用Chrome拡張機能4選
【アプリの使い方】
【Chromebook】で利用できるアプリとその管理について
【Chromebook】で、Microsoft Office(Excel等)を利用する方法
【ログインとアカウント】
【Chromebook】画面オフ(スリープ状態)からロックが掛かるまでとロック解除について知っておきたいこと
【Chromebook】「壁紙」と「スクリーンセーバー」を設定(変更)する
【Chromebook】アカウントを追加して【マルチログイン】で利便性の向上を図る
【ツール】
【Chromebook】スクリーンショットの撮る方法とその活用について(ノートPCモードの場合)
【Chromebook】と【Androidデバイス】間で、簡単にファイル共有できる「ニアバイシェア」の使い方
【外部接続】
【Chromebook】【外部接続】「キーボード」・「マウス」編
【Chromebook】【外部接続】「ディスプレイ」編ーミラーリング・デュアルディスプレイ
【Chromebook】プリンタの設定ーBrother製品の場合

-chromebook
-, , ,

© 2023 Chromebookの使い方 Powered by AFFINGER5